函館競馬場はオーシャンビュー

函館競馬場は北海道函館市にある、中央競馬が運営する競馬場です。
実は私、函館競馬場は行ったことがあります。と申しますか、1990年代に存在した北海道の競馬場は全て訪れました。
1998年に門別競馬場が開設されてことに伴って、現在のホッカイドウ競馬は札幌・旭川・門別のみの開催ですが、それ以前は、北見、帯広、岩見沢でも競馬が開催されていました。私が訪れた当時、北見競馬場ではすでにばんえい競馬のみの開催でした。現在ばんえい競馬は帯広のみで開催されています。
函館競馬場といえばオーシャンビューで有名ですが、私が訪れた当時はそれほど海は見えなかったような気がします。昨年改装されて新スタンドになっていますので、今はもっと見えるのでしょうか。
それよりも印象に残っているのは飛行機です。函館空港が近いために飛行機が競馬場のすぐ上を飛び交います。飛行機がスタンドに向かって飛んでくるような不思議な感覚を今でも覚えています。
函館競馬場は、中央競馬の競馬場の中で最後の直線が最も短いのが特徴です。コース自体は平坦な右回りで向こう上面に若干の上り勾配があります。
1994年の改修にともなって、芝コースは洋芝に変更されましたが、それ以前は野芝に畑の黒土という馬場でした。このため晴天が続くとパンパンに乾いた固い馬場、水はけが悪いため雨が続くとドロドロの不良馬場になっていました。なんともエキセントリックなコースだったことも記憶に残っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*